消費者金融を選ぶなら、早くて便利なアコム。

この頃、お金のことに関してとてもシビヤな考え方をするようになりました。これは、そういう時代なのだから仕方のないことなのだろうけど、あまり人には言えるものでもありませんね。なんかこう、自分が惨めになってしまうようで。ここでとても大事な問題があります。毎日生活していれば、そりゃあ、お金がなくて困ってしまうこともあるわけですが、そういうときにお金を借りるという習慣がない人はけっこう大変でしょう。いや、これはお金を借りることが良いことだと言ってるのではけっしてありません。むしろその逆です。できるなら借金はしない方がいい。そうに決まってます。でも、そうも言ってられないときもあるのですね。そういうふうに考えると、今どきの人はとても賢いと思う。上手に消費者金融から融資を受けていらっしゃるのですから。消費者金融からの融資なら、やっぱりその知名度と信頼の厚いアコムですね。さて、その利点ですが、もうテレビコマーシャルでもすっかりお馴染みですから、ここで改めてお話する必要もないのでしょうが、一番は融資を受けるまでの時間がとっても短いということ。また、アコムのホームページ内では、借り入れから返済までできてしまうという便利さでしょう。プロミス レディースキャッシング 消費者金融を選ぶならアコム、ほんとはとっくにわかっていたことなのだと思います。多くの方がそう思っていることでしょう。そんなわけで、これからアコムを利用しようかな、と考えている人は、ぜひともアコムの3秒診断を受けることをおすすめします。早いですね、本当。

カードローンの審査を通るためには

カードローン、あるいは、クレジットカードのキャッシングを利用している方は沢山いらっしゃるでしょう。しかし、借入額の限度額をご存知でしょうから、

カードローンの審査に通るためには、昨年度の年収を確認されます。会社員なら、源泉徴収のコピーなど必要になる場合もあります。

2年前くらいから、借入額の限度額が改定になったようで、カードローンの申し込みをしても、カード会社で、クレジットカードでのキャッシングを含んだ借り入れがあるか、など、信用情報機関で調査をします。申し込み者の年収の三分の一を、他社から借り入れがある場合は、審査が通りません。

今まで、カードローンや、クレジット会社のキャッシングを利用したことがない方は、借入額は0円なので、もちろん審査は確実に通ります。

現在のクレジットカードでのキャッシングの借入額のある方で、カードローンの申請をしたい方は、現在の残高を確認してから、希望金額を設定した方が良いと思います。その方が、審査は通りやすくなるはずです。

審査が通り、限度額を借り入れたとします。そして、クレジットカードでのキャッシングの合計が、年収の三分の一を越えた場合は、借入額の限度額を減額される場合もありますので、借入額の確認をしながら、利用していくのがベストだと思います。

カードローンの審査内容と審査に通るための対策とは

お金を借りる時に便利なカードローンですが、ここでは消費者金融と銀行などの金融機関から発行しているカードローンの審査内容と審査に通過をするためにできる対策を説明していこうと思います。審査の内容に入る前に知っておくべき事は、同じカードローンでも消費者金融と銀行では大きな違いがあるということです。消費者金融のカードローンは賃金業法で決められている総量規制がありますので、申し込む人の年収の1/3以上の融資ができません。銀行のカードローンの場合には、銀行法では総量規制はありませんので、原則的に収入がなくても申し込みができるという事になります。

申込みの基本的な違いの部分がわかった所で、審査の内容になりますが、インターネットなどから申し込みをするとその記入内容を元に審査を行います。この時に記入してある内容と信用情報機関の内容などを参考にしながら審査を行うのですが、この信用情報機関の内容では、申し込みをした人のこれまでのクレジットカードやローンの申し込みや利用状況などが確認できるようになっています。つまりここでクレジットカードでの分割払いやキャッシングの状況もわかりますし、他社での借り入れ額や返済状況も確認できる事になります。

これらの情報を元に審査を行い、在籍確認をとり無事に審査に通過をすれば、契約への流れとなりますが。しかしながら、信用情報機関での審査段階で、消費者金融であれば総量規制や年収が重要になりますし、双方で重要な審査項目として考えられるのが、他社での借り入れ状況と返済状況の内容になります。つまり、複数社からの借入がある場合には原則的に審査上では、不利になりますが、その中でも返済の段階で延滞や遅延といった金融事故を一度も起こしていない状況でしっかりと返済ができている事はとても重要な項目になります。

銀行のカードローンの場合は総量規制対象外の商品なので、年収も大切ですが、しっかりと返済できる能力や実績の方が信頼度を高める結果になり審査にも有利になるケースがあります。従って、カードローンの審査に通りたいのであれば、むやみに続けて申し込む事よりも、事前に各カードローンの商品概要や詳細を把握した上で申し込む事が基本になります。同じカードローンでも銀行や保証会社によって、限度額にも違いがありますし、なによりも審査の基準にもそれぞれに違いがある事から、あまりインターネットの情報に左右されることなく自分でしっかりと判断をする事が重要な対策の一つになります。もちろん金融事故が過去にある場合には審査では不利になってしまいますので、そのような行為がないように毎月の返済や支払いはしっかりと行う事が最も重要なポイントです。

カードローンにおける審査基準とは何か

カードローンにおいての審査基準は基本的に社外秘であり外部から知ることはできません。しかし一般的には経済状況を数値化したスコアリング審査と信用情報の確認を行うと言われています。

スコアリング審査というのは勤務先や家年収 勤務年数 持ち家があるかどうかなど個人の経済状況に関わる事を数値化しその数値の値で信用度を判断する審査方法です。経済的に安定してるという曖昧な基準を客観的に判断できるようにした審査方法で、この数字の値が高けれぱ返済能力も相応にあるということになります。

もうひとつの信用情報というのは個人の客観的な金融履歴のことです。住宅ローンからキャッシングカードローン、携帯の月賦払いまでほぼ全ての金融取引に関する情報がここに乗っており、過去に滞納をしたや自己破産債務整理をしたなども書かれています。この情報確認し過去に問題を起こしてるかどうかを見た上で信用度の判断を行うです。

これらの審査は基本的に融資を行なって大丈夫かどうかを確認するためのものであり優秀な人間を選び出すタイプの審査ではありません。なので一般的には減点方式が取られ、収入が低いやスコアリング値が低い、信用情報に問題があるなどの問題がなければ審査に通ることになります。