会社の都合での転職はチャンスと考える

会社の都合での転職
意外とメリット多いのです。
ですから会社の都合で転職せざるおえない時はいっそチャンスととらえて前向きに頑張っていきましょう。

■ 会社都合による転職のメリット
転職には会社都合と自己都合の2種類があります。
自己都合による退職ではすぐに雇用保険がもらえません。
しかし会社都合の場合はすぐに雇用保険がもらえます。
これは大きなメリットでもあります。
たとえば「明日から来なくていい」と言われたら会社都合による退職なので1か月分の給与を「解雇予告手当」としてもらいます。
もちろんリストラも同じで会社都合なのですし、退職金の上積みもあるかもしれません。
ただ円満退社でないと転職先の会社から問い合わせがあった時に悪口を言われるとも限りません。
体側に関しての交渉はほどほどにしておき魔ましょう。

■ 転職もいろいろ
自分のスキルアップの目指しての転職する人や自分のやりたいことをあるため転職する人
それぞれのもくひょうがあるため前向きな気持ちで再出発できます。
しかし転職する人が全てそんな前向きな転職とは限りません。
中には会社が倒産して仕方なく転職というケースもあります。
リストラに合って転職というケースもあります。
このような転職をどう考えればいいのでしょうか?
ぜひこれをひとつのチャンスとして考えてはいかがでしょうか?
納得のいかない現状に甘んじて転職の機会を逃すよりも、
纏足に踏み切れないでグズグズ悩んでいるよりも
スパっと気持ちを切り替えていきましょう。
とにかく「転職できる立場」になったのいですから自己都合に退職よりも恵まれているのです。
離婚 住宅ローン 妻が住む

自己都合による転職では再就職ではどうしても「色眼鏡」で見られてしまいます。
採用する側にしても「退職理由」はとてもナーバスになります。
採用したのはいいけれど前職で起こした問題を再び繰り返してまた転職を考えるのではないか?
そんな風に最初からスタート時点でかなりのハンデキャップを背負ってしまうのです。
リストラなど会社次王であればあなた自身の責任というよりも」会社の経営者の責任です。
ですから次の転職先お採用者もフラットな目であなたを評価してくれるのです。
自己都合の転職ではいちいち前職の退職理由を根掘り葉掘りしつこく質問されるでしょう。
そしてそれに正直に答えても。きっと採用者はそのことを信用せずにあなたを不審な目で見てしまうかもしれないのですからね・
それがないだけでもかなり有利な転職ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です