看護師が転職するときの注意点

看護師が転職するときの注意点

子供の頃から白衣の天使にあこがれて、看護師になってみたけど働いてみると理想と大きくかけ離れていて転職したいと思うことがあると思います。

時間は不規則、慢性的に人手不足、残業は当たり前、理想と現実に悩むことがあると思います。

まずは冷静になって、よく考えてください。一時的な感情で辞めたいとか仕事で怒られたなどの場合はいったん休んで冷静になりましょう。

もしあなたが看護師になりたての新人さんなら、3年は今の職場で働くことを目標に頑張ってみてください。看護師は専門性が高く人間が相手のため現場で覚えることがたくさんあります。

まずは看護師としての経験値を上げてください。お金をもらいながら学べるという考えで働くとちょっとは楽に思えます。

どんな職業でも仕事を覚えるまでの間は、先輩に怒られるし、失敗するし、間違えます。それは誰でも同じなのであなただけではありません。

経験値をつけたあなたは、転職を有利にするための武器を手に入れました。あなたの希望とするやりたいことや、勤務時間、勤務地などしっかり固めて転職に臨んでください。

転職すると強く決めたら、退職のための行動をしましょう。なかなか言いにくいことですが乗り越えないといけないことです。

しかし、病院は慢性的に人手不足です。新しい人材も簡単には見つかりません。病院はあなたを強く引く止めるでしょう。

お金のことや、有給休暇の消化、奨学金の返済方法など交渉しなければいけないことがあります。交渉は難しいです。そんな場合は退職代行を使うこともおすすめです。

こちらの記事に詳しく書いてあります。参考にしてください。
看護師は退職代行を使うべき理由

次は転職活動です。どこで探せばいいのかわからないと思います。

転職エージェントがおすすめです。特に看護師は専門に特化した転職エージェントがおすすめです。

看護師に特化した転職エージェントならあなたの希望に合った職場を見つけてくれます。看護師特有の専門的なことも考慮できます。

複数の転職エージェントに登録しましょう。1つだとその転職エージェントがいいのか悪いのか比較できません。

可能性は広げていきましょう。必ずあなたの希望に合った職場が見つかります。

看護師は大切な職業です。職場のミスマッチで看護師自体を辞めてしまうことがないようにしてほしいです。大きな損失です。

あなたの希望に合った職場で、前向きに生き生きと仕事をして一人でも多くの患者さんのために働いてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です