職業訓練コースを受講すると最長810日失業給がもらえる

失業するにも
「自己都合」
「会社都合」の2種類があります・
一番多いのは自分の判断で辞める「自己都合」だがこれだと3か月間の給付制限期間があります。
おまけに基本手当の支給は4週間ごとの後払いなので、自紙いつ的には4か月後からということになりますよね。
ですので「自己都合」で退職するならそのあたりはしっかりとあらかじめ知っておいてください。

今の時代、なかなか自分の条件に合った転職先を探すのは難しい時代です。
ですので、その間の失業中の生活を考えれば1円でも多く失業給付をもらう方法も知っておいてください。
長期戦で失業期間を考えている場合は一考の価値があると思います。

実は都道府県が運営する技術専門校(まやは雇用能力開発機構運営のポリテクコース)に職業安定所を通して入校する、たとうぇ在学中に所定給付日数分をもらいきったとしても、卒業まで給付が延長されるシステムがあるんです。
もし、いくらかでも貯金があって退職後もそれでしばらく食いつなげるのならば退職してもすぐに入校しないでとりあえず失業給付をもらってまじめに就職活動をやってみる。
それでもいい就職先がみつからない場合に受講するほうが出業給付がながくもらえるので賢い選択かもしれません。
最もお得なのは給付日数が90日の人がちょうど90日目になるように入校するケース。
たとえ最終日でも受給資格がきれていなければ、卒業までの給付が延長されて所定給付日数
プラス職業訓練コース履修期間分の基本手当がもらえます。
例えば東京都の場合であれば技術専門校は3か月または6か月のコースがほとんどですが、なかには1年コースや2年コースもあります。(ただし概ね30歳以下の若者向けであるが)
もしも2年コースには入れれば所定給付日数90日の人でも、なんと最高810日間前後も基本手当が支給されることになります。
技術専門校はもちろん授業料もただなので、その分も合わせれば下手をすると総額で500万円以上にもなる計算もできないこともありません。
さすがにこの技術専門校の2年コースはかなり狭き門なので入稿も難しいので、雇用保険が切れかかっている時には3か月から6か月のコースにでももしは入れればそれでもかなりお得なのは間違いありません。
転職活動がうまくいかず長期戦になりそうなら?
いや、今の時代ばおそらくかなり苦戦するのは間違いないので
転職活動と並行して都道府県が運営する技術専門校や雇用能力開発機構采井のポリテク子コースはあらかじめチェックしておくべきだと思います。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です