ポリテクカレッジ活用の勧め|授業料バカ安で高度技術マスターの近道

通常の技術専門校やポリテクカレッジコースにの多くは、3か月から6か月程度のものも多いですが、もっと本格的にスキルを開発できる教育機関にもあることも知っておいてください。
民間の専門学校に通うためには百万円以上の費用も掛かるわけでたとえバイトしながらでもその費用を払える人も少ないはずです。

そこで知って欲しいのがm
転職を考えた時に就職に有利な専門技術を手に付けておいて損はないはずだ。
そこで知っておいて星野がポリテクカレッジだ。
正式には職業能力開発大学校という。
あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、これは厚生労働省管轄の職業能力開発期間で全国に19校設置されています。

卒業までの期間は2年。
基本的には高校を卒業した人向けの技術系短大なのに、一度は社会人になった人も入学する人も多い珍しいタイプの短大です。

以前は現場に即した機械や電気関係の技術者を養成するコースがほとんどなので
「ちょっと自分の考えているコースと違う?」
と感じるかもしれませんがよくコースを調べてみて欲しい。
「ビジネスマネジメント」
「産業デザイン」
などのほか
技術系のIT関係を本格的に学べるコースもある。
この不景気に就職率100%に近い人気のコースもあり、転職に有利で確かな技術を身につけたい方にはぜひチェックしておいてください。
想像できますか?
自分がたくさんの企業から引っ張りだこになるくらいになっている姿が・・・
そんな専門的技術を持った人はどこの企業も探し求めているのです。
しかし、専門的技術はそう簡単に習得できるものではありません。
ですから2年もの時間を要しますし、それにはそれなりの覚悟をもって臨まなければなりません。

気になる授業料は年間約27万円程度と普通お短大に比べたらバカ安です。
経済的困窮者として申請して認められれば貸付制度もあります。
これを利用すれば授業料におつりがくるくらいの奨学金を毎月支給されることから断然検討する価値はありますよね。
減に入校者の80%がこの制度を利用しているそうです。
しかも学生寮まで完備されていて遠方からの入学者には嬉しい助成制度もあります。
その学生寮も朝夕食費込みで月額3万円(群馬ポリテク化レジの場合)
ただし入校にあたっての年齢制限はないもの、ポリテクカレッジ側に聞いてみると
「就職を考えると27歳~28歳がギリギリでしょう」ということです。
高校や大学を卒業してからまだ数年しか働いていない人だったら、
自分の力だけで学び直すには良い機会を得られるかもしれません。
ソラノメ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です