転職するなら面接攻略術も再確認しておきなさい

転職を考えたのなら、再び面接のことを再確認しておきましょう。
学生時代に調べた面接合格術
それはいわば必要最低限のレベルであり、転職の際に受ける面接はそこからレベルが相当高くないと転職活動はうまくいきません。
なぜなら新卒のまだまだ社会人として巣立っていない新人の場合は面接官もそのあたりを十分に理解してくれます。
多少の失敗などは目をつぶってくれます。
しかし、転職とは一度社会に出た人が受ける面接
そこで失礼に当たる仕草やマナーや言葉使い
転職先が一流会社であればあるほどそのあたりは重要です。

■転職先の会社の面接は見た目で決まる

転職での就職活動で自分の希望する会社に面接を受けに行く時に一番大事なのは「アピール力」です。
この「アピール力」はただの大風呂敷であってはいけません。
一流会社の面接担当官であれば簡単にあなたの誇張したアピールを見破ってしまいます。
まして、短時間の面接で、あなたの長所をすべて伝えることなど不可能な話です。
そこで気を付けて欲しいのは「見た目」なんです。
アメリカのUCLA(ロサンジェルス大学)の調査結果も紹介しておきます。
UCLAの大学教授のアルバート・メラビアン先生が実験を行いました
そいれは
「言葉や話す内容」
「外見」
「声」
のどれが相手に強い印象を与えるのか?
という実験です。
その結果は
1位 「外見」55%
2位 「声」 38%
3位「言葉や話す内容」 わずか7%
という衝撃的な結果でした。
いくら必死に面接簡易熱く語ってもそいの熱意や情熱はあまり伝わらないのです。
まずは外見 つまり見た目なのです。

まあ、面接の担当者も自分が見た目で採用を決めてなどいないと考えていると思います。
しかし、これはもう本能的なものなのです。
面接官が意図的でないにしろ、面接に来た就職希望者にの評価をまずは「外見」で選んでいるといっても過言ではありません。

そんな面接や採用試験で何日も何時間も費やすことはありません。
せいぜい1時間もないでしょう。
そんな短時間で面接担当者にあなたのなにがわかるというのですか?
おそらくその採用面接担当者はあなたの面接時にあなたと話した内容などは深くは覚えていないでしょう。
ただ、なんとなく
「こいつは役に立ちそうだ」
「彼ならうちの会社の戦力になる」
それを雰囲気で決めているンドエス。
そんな重要な面接に
・ボッサボサの髪の毛の頭
・よれよれのスーツ
・汚ったないリックサック
それでは最初から採用試験で不合格になってwしまうのは目に見えていますよ。
宅配型 トランクルーム 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です