希望業界の情報収集はどうやるの?

周転職活動で気になるのは希望業種の動向です。
転職する際に悩むのが今と同じような業種を選ぶか?異業種にチャレンジするか?だと思います・。
しかし、異業種にチャレンジするには不安がたくさん生まれます。

異業種への転職を考えている人はそのハンデを覆す力を示さなければなりません。
異業種に転職することは未経験の位置からのやり直しです。
・なぜその業界に転職数rのか?
・なぜ今の職種ではダメなのか?
・希望する職種の理由は何なのか?
もう一度自問自答してみてください。

資格 異業種の情報収集は常にアンテナを張ってお行こう
異業種・異業界の情報は単なるイメージではなく、応募する企業の業界内での評価や業界の内容、業界の特色、最近の業界の動き、特殊事情などすべて頭に入れておかないといけません。
たとえば
新聞の経済面
経済紙
業界紙
などに目を通した理宇、
ホームページも若かk離とチェックしておきましょう。
会社ごとにもその温度差はかなりあるものです。

①その業界の魅力をきちんと見つけ出そう
採用担当者にきちんと答えられますか?
②常にアンテナを張り続け情報をキャッチ
業務内容や業界の特色など研究を怠らないでおこう。
③ホームページから同業他社もチェック比較してておこう
同業他社の研究で業界全体がわかりあmす。
④日経新聞を毎日読む
異業種業界の情報収集に新聞は今でも重要なツールです。
特に経済新聞は必携です。
⑤志望企業を念頭に置いて業界内の位置づけをする。
最近の業界の動きや特殊事情を網羅しておく。
⑥自分の適性がどう生かせるか?考えながら情報収集する・
あなたの今の職種での経験が生かせる気gy等もあることがあります。

できればSNSなどで志望の業界の人にアプローチしているのもいいかもしれません。
意外と生の声はあなたのイメージとはかけ離れていることも少なくないのです。
外から見ていると華やかな業界に見えても実際は泥臭いことをしている企業も多いのです。

今の隆盛がいつまで続くのか?
一過性のものなのか?
時代の流れに沿っているものなのか?
しっかりと見定めて情報収集してください。

そして、あなたがお客さんの立場からその志望する企業をみてみるのも大事です。できればその会社の商品やサービスを受けて三うrのもよい情報集にもなりあmす。
あなたがその会社の商品やサービスを受けたい理由
それを考えてみましょう。
そしtれ、そのための準備を今から始めておかなければいけません。
NEWスーパーM コロナ ハンドドライヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です