カードローンにおける審査基準とは何か

カードローンにおいての審査基準は基本的に社外秘であり外部から知ることはできません。しかし一般的には経済状況を数値化したスコアリング審査と信用情報の確認を行うと言われています。

スコアリング審査というのは勤務先や家年収 勤務年数 持ち家があるかどうかなど個人の経済状況に関わる事を数値化しその数値の値で信用度を判断する審査方法です。経済的に安定してるという曖昧な基準を客観的に判断できるようにした審査方法で、この数字の値が高けれぱ返済能力も相応にあるということになります。

もうひとつの信用情報というのは個人の客観的な金融履歴のことです。住宅ローンからキャッシングカードローン、携帯の月賦払いまでほぼ全ての金融取引に関する情報がここに乗っており、過去に滞納をしたや自己破産債務整理をしたなども書かれています。この情報確認し過去に問題を起こしてるかどうかを見た上で信用度の判断を行うです。

これらの審査は基本的に融資を行なって大丈夫かどうかを確認するためのものであり優秀な人間を選び出すタイプの審査ではありません。なので一般的には減点方式が取られ、収入が低いやスコアリング値が低い、信用情報に問題があるなどの問題がなければ審査に通ることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です