カードローンの審査内容と審査に通るための対策とは

お金を借りる時に便利なカードローンですが、ここでは消費者金融と銀行などの金融機関から発行しているカードローンの審査内容と審査に通過をするためにできる対策を説明していこうと思います。審査の内容に入る前に知っておくべき事は、同じカードローンでも消費者金融と銀行では大きな違いがあるということです。消費者金融のカードローンは賃金業法で決められている総量規制がありますので、申し込む人の年収の1/3以上の融資ができません。銀行のカードローンの場合には、銀行法では総量規制はありませんので、原則的に収入がなくても申し込みができるという事になります。

申込みの基本的な違いの部分がわかった所で、審査の内容になりますが、インターネットなどから申し込みをするとその記入内容を元に審査を行います。この時に記入してある内容と信用情報機関の内容などを参考にしながら審査を行うのですが、この信用情報機関の内容では、申し込みをした人のこれまでのクレジットカードやローンの申し込みや利用状況などが確認できるようになっています。つまりここでクレジットカードでの分割払いやキャッシングの状況もわかりますし、他社での借り入れ額や返済状況も確認できる事になります。

これらの情報を元に審査を行い、在籍確認をとり無事に審査に通過をすれば、契約への流れとなりますが。しかしながら、信用情報機関での審査段階で、消費者金融であれば総量規制や年収が重要になりますし、双方で重要な審査項目として考えられるのが、他社での借り入れ状況と返済状況の内容になります。つまり、複数社からの借入がある場合には原則的に審査上では、不利になりますが、その中でも返済の段階で延滞や遅延といった金融事故を一度も起こしていない状況でしっかりと返済ができている事はとても重要な項目になります。

銀行のカードローンの場合は総量規制対象外の商品なので、年収も大切ですが、しっかりと返済できる能力や実績の方が信頼度を高める結果になり審査にも有利になるケースがあります。従って、カードローンの審査に通りたいのであれば、むやみに続けて申し込む事よりも、事前に各カードローンの商品概要や詳細を把握した上で申し込む事が基本になります。同じカードローンでも銀行や保証会社によって、限度額にも違いがありますし、なによりも審査の基準にもそれぞれに違いがある事から、あまりインターネットの情報に左右されることなく自分でしっかりと判断をする事が重要な対策の一つになります。もちろん金融事故が過去にある場合には審査では不利になってしまいますので、そのような行為がないように毎月の返済や支払いはしっかりと行う事が最も重要なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です