投稿者「Butt」のアーカイブ

会社の都合での転職はチャンスと考える

会社の都合での転職
意外とメリット多いのです。
ですから会社の都合で転職せざるおえない時はいっそチャンスととらえて前向きに頑張っていきましょう。

■ 会社都合による転職のメリット
転職には会社都合と自己都合の2種類があります。
自己都合による退職ではすぐに雇用保険がもらえません。
しかし会社都合の場合はすぐに雇用保険がもらえます。
これは大きなメリットでもあります。
たとえば「明日から来なくていい」と言われたら会社都合による退職なので1か月分の給与を「解雇予告手当」としてもらいます。
もちろんリストラも同じで会社都合なのですし、退職金の上積みもあるかもしれません。
ただ円満退社でないと転職先の会社から問い合わせがあった時に悪口を言われるとも限りません。
体側に関しての交渉はほどほどにしておき魔ましょう。

■ 転職もいろいろ
自分のスキルアップの目指しての転職する人や自分のやりたいことをあるため転職する人
それぞれのもくひょうがあるため前向きな気持ちで再出発できます。
しかし転職する人が全てそんな前向きな転職とは限りません。
中には会社が倒産して仕方なく転職というケースもあります。
リストラに合って転職というケースもあります。
このような転職をどう考えればいいのでしょうか?
ぜひこれをひとつのチャンスとして考えてはいかがでしょうか?
納得のいかない現状に甘んじて転職の機会を逃すよりも、
纏足に踏み切れないでグズグズ悩んでいるよりも
スパっと気持ちを切り替えていきましょう。
とにかく「転職できる立場」になったのいですから自己都合に退職よりも恵まれているのです。

自己都合による転職では再就職ではどうしても「色眼鏡」で見られてしまいます。
採用する側にしても「退職理由」はとてもナーバスになります。
採用したのはいいけれど前職で起こした問題を再び繰り返してまた転職を考えるのではないか?
そんな風に最初からスタート時点でかなりのハンデキャップを背負ってしまうのです。
リストラなど会社次王であればあなた自身の責任というよりも」会社の経営者の責任です。
ですから次の転職先お採用者もフラットな目であなたを評価してくれるのです。
自己都合の転職ではいちいち前職の退職理由を根掘り葉掘りしつこく質問されるでしょう。
そしてそれに正直に答えても。きっと採用者はそのことを信用せずにあなたを不審な目で見てしまうかもしれないのですからね・
それがないだけでもかなり有利な転職ができると思います。
実務者研修 働きながら どこがいい

希望業界の情報収集はどうやるの?

周転職活動で気になるのは希望業種の動向です。
転職する際に悩むのが今と同じような業種を選ぶか?異業種にチャレンジするか?だと思います・。
しかし、異業種にチャレンジするには不安がたくさん生まれます。

異業種への転職を考えている人はそのハンデを覆す力を示さなければなりません。
異業種に転職することは未経験の位置からのやり直しです。
・なぜその業界に転職数rのか?
・なぜ今の職種ではダメなのか?
・希望する職種の理由は何なのか?
もう一度自問自答してみてください。

資格 異業種の情報収集は常にアンテナを張ってお行こう
異業種・異業界の情報は単なるイメージではなく、応募する企業の業界内での評価や業界の内容、業界の特色、最近の業界の動き、特殊事情などすべて頭に入れておかないといけません。
たとえば
新聞の経済面
経済紙
業界紙
などに目を通した理宇、
ホームページも若かk離とチェックしておきましょう。
会社ごとにもその温度差はかなりあるものです。

①その業界の魅力をきちんと見つけ出そう
採用担当者にきちんと答えられますか?
②常にアンテナを張り続け情報をキャッチ
業務内容や業界の特色など研究を怠らないでおこう。
③ホームページから同業他社もチェック比較してておこう
同業他社の研究で業界全体がわかりあmす。
④日経新聞を毎日読む
異業種業界の情報収集に新聞は今でも重要なツールです。
特に経済新聞は必携です。
⑤志望企業を念頭に置いて業界内の位置づけをする。
最近の業界の動きや特殊事情を網羅しておく。
⑥自分の適性がどう生かせるか?考えながら情報収集する・
あなたの今の職種での経験が生かせる気gy等もあることがあります。

できればSNSなどで志望の業界の人にアプローチしているのもいいかもしれません。
意外と生の声はあなたのイメージとはかけ離れていることも少なくないのです。
外から見ていると華やかな業界に見えても実際は泥臭いことをしている企業も多いのです。

今の隆盛がいつまで続くのか?
一過性のものなのか?
時代の流れに沿っているものなのか?
しっかりと見定めて情報収集してください。

そして、あなたがお客さんの立場からその志望する企業をみてみるのも大事です。できればその会社の商品やサービスを受けて三うrのもよい情報集にもなりあmす。
あなたがその会社の商品やサービスを受けたい理由
それを考えてみましょう。
そしtれ、そのための準備を今から始めておかなければいけません。
ささみサロン 評判

転職するなら面接攻略術も再確認しておきなさい

転職を考えたのなら、再び面接のことを再確認しておきましょう。
学生時代に調べた面接合格術
それはいわば必要最低限のレベルであり、転職の際に受ける面接はそこからレベルが相当高くないと転職活動はうまくいきません。
なぜなら新卒のまだまだ社会人として巣立っていない新人の場合は面接官もそのあたりを十分に理解してくれます。
多少の失敗などは目をつぶってくれます。
しかし、転職とは一度社会に出た人が受ける面接
そこで失礼に当たる仕草やマナーや言葉使い
転職先が一流会社であればあるほどそのあたりは重要です。

■転職先の会社の面接は見た目で決まる

転職での就職活動で自分の希望する会社に面接を受けに行く時に一番大事なのは「アピール力」です。
この「アピール力」はただの大風呂敷であってはいけません。
一流会社の面接担当官であれば簡単にあなたの誇張したアピールを見破ってしまいます。
まして、短時間の面接で、あなたの長所をすべて伝えることなど不可能な話です。
そこで気を付けて欲しいのは「見た目」なんです。
アメリカのUCLA(ロサンジェルス大学)の調査結果も紹介しておきます。
UCLAの大学教授のアルバート・メラビアン先生が実験を行いました
そいれは
「言葉や話す内容」
「外見」
「声」
のどれが相手に強い印象を与えるのか?
という実験です。
その結果は
1位 「外見」55%
2位 「声」 38%
3位「言葉や話す内容」 わずか7%
という衝撃的な結果でした。
いくら必死に面接簡易熱く語ってもそいの熱意や情熱はあまり伝わらないのです。
まずは外見 つまり見た目なのです。

まあ、面接の担当者も自分が見た目で採用を決めてなどいないと考えていると思います。
しかし、これはもう本能的なものなのです。
面接官が意図的でないにしろ、面接に来た就職希望者にの評価をまずは「外見」で選んでいるといっても過言ではありません。

そんな面接や採用試験で何日も何時間も費やすことはありません。
せいぜい1時間もないでしょう。
そんな短時間で面接担当者にあなたのなにがわかるというのですか?
おそらくその採用面接担当者はあなたの面接時にあなたと話した内容などは深くは覚えていないでしょう。
ただ、なんとなく
「こいつは役に立ちそうだ」
「彼ならうちの会社の戦力になる」
それを雰囲気で決めているンドエス。
そんな重要な面接に
・ボッサボサの髪の毛の頭
・よれよれのスーツ
・汚ったないリックサック
それでは最初から採用試験で不合格になってwしまうのは目に見えていますよ。
猫 死んだら 天国 埋める

ポリテクカレッジ活用の勧め|授業料バカ安で高度技術マスターの近道

通常の技術専門校やポリテクカレッジコースにの多くは、3か月から6か月程度のものも多いですが、もっと本格的にスキルを開発できる教育機関にもあることも知っておいてください。
民間の専門学校に通うためには百万円以上の費用も掛かるわけでたとえバイトしながらでもその費用を払える人も少ないはずです。

そこで知って欲しいのがm
転職を考えた時に就職に有利な専門技術を手に付けておいて損はないはずだ。
そこで知っておいて星野がポリテクカレッジだ。
正式には職業能力開発大学校という。
あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、これは厚生労働省管轄の職業能力開発期間で全国に19校設置されています。

卒業までの期間は2年。
基本的には高校を卒業した人向けの技術系短大なのに、一度は社会人になった人も入学する人も多い珍しいタイプの短大です。

以前は現場に即した機械や電気関係の技術者を養成するコースがほとんどなので
「ちょっと自分の考えているコースと違う?」
と感じるかもしれませんがよくコースを調べてみて欲しい。
「ビジネスマネジメント」
「産業デザイン」
などのほか
技術系のIT関係を本格的に学べるコースもある。
この不景気に就職率100%に近い人気のコースもあり、転職に有利で確かな技術を身につけたい方にはぜひチェックしておいてください。
想像できますか?
自分がたくさんの企業から引っ張りだこになるくらいになっている姿が・・・
そんな専門的技術を持った人はどこの企業も探し求めているのです。
しかし、専門的技術はそう簡単に習得できるものではありません。
ですから2年もの時間を要しますし、それにはそれなりの覚悟をもって臨まなければなりません。

気になる授業料は年間約27万円程度と普通お短大に比べたらバカ安です。
経済的困窮者として申請して認められれば貸付制度もあります。
これを利用すれば授業料におつりがくるくらいの奨学金を毎月支給されることから断然検討する価値はありますよね。
減に入校者の80%がこの制度を利用しているそうです。
しかも学生寮まで完備されていて遠方からの入学者には嬉しい助成制度もあります。
その学生寮も朝夕食費込みで月額3万円(群馬ポリテク化レジの場合)
ただし入校にあたっての年齢制限はないもの、ポリテクカレッジ側に聞いてみると
「就職を考えると27歳~28歳がギリギリでしょう」ということです。
高校や大学を卒業してからまだ数年しか働いていない人だったら、
ソラノメ 口コミ

転職はまず自己分析から始めましょう

いまの会社を辞めたい!
でも自分のしたことがわからない?
転職を考える方でもそんな方がほとんどだと思います。
「したいこと」がわからないならまず自分を見つめ直してはいかがでしょうか?

やりたい仕事を見つけたいなら「自己分析」が出来ていることが大前提です。
成功する転職とは自分を知ることなんです。
「今の仕事が向いてないのはわかるが、かといって何が”自分に本当のやりたい仕事なのか?”なのかwからない」
そんな方はでも転職はできますが再びまた同じ悩みにぶち当たる可能性が高いです。
転職したい!
それでも転職理由は十分ですが、少し時間をかけて自分を見つめ直す必要にも気づいてくださいね。

おすすめの自己分析は「自己概念表」を作ってむることです。
最初は1~20まで
「私は▲▲です。」
と自己紹介してみてください。
心を空っぽにして素直な気持ちで行ってくださいね。
そうすると転職を考えている状態のあなたならきっと最初はネガティブで否定的なものが多いかもしれません。
とりあえず20を超えたら、次は無理やりそこからどんどん増やしていきましょう。
そうするとまず自分の得意なことばかり探そうとするでしょう。
しかし、これを40個を越えたあたりからきっとネタ切れになるでしょう。
その段階でおすすめなのが今度は自分の弱点や欠点を探し出していくのです。
そうすることで今までの人生を見つめ直すことが出来るのです。

今までの人生を振り返り、
やってきたこと
やりたかったこと
けれどもやれなかったこと
そして
やりたくなかったこと
そんなことを紙に書き出すことで」明確になるのです。

そうすると
自分が何が得意で不得意なのか?
何をしている時が楽しいのか?
そのヒントが隠されているかもしれません。
長所を知ることも大切ですが短所を見つめ直すことも大切です。
特異なことはさらに磨きをかけ、不得意な物は在庫整理して改善するか?思い切って切り捨てる決断も必要なのです。
人間のひとりの能力なんて結局たかがしれています・
得意暗ことは資産
苦手なことは負債
そう考えて自分の能力の棚卸してみてくださいね。
自分のサインが欲しい

この経験は転職だけでなく転職後のあなたの働き方にも大きく影響を与えることでしょう。
今この仕事は何のためにしていることなのか?
それは今までやらさえている仕事ということからやるべき理由のある仕事に変わります。
それがとても重要なことなんです。
おそらく転職前に知りたかった・・・
そう思うかもしれません。

職業訓練コースを受講すると最長810日失業給がもらえる

失業するにも
「自己都合」
「会社都合」の2種類があります・
一番多いのは自分の判断で辞める「自己都合」だがこれだと3か月間の給付制限期間があります。
おまけに基本手当の支給は4週間ごとの後払いなので、自紙いつ的には4か月後からということになりますよね。
ですので「自己都合」で退職するならそのあたりはしっかりとあらかじめ知っておいてください。

今の時代、なかなか自分の条件に合った転職先を探すのは難しい時代です。
ですので、その間の失業中の生活を考えれば1円でも多く失業給付をもらう方法も知っておいてください。
長期戦で失業期間を考えている場合は一考の価値があると思います。

実は都道府県が運営する技術専門校(まやは雇用能力開発機構運営のポリテクコース)に職業安定所を通して入校する、たとうぇ在学中に所定給付日数分をもらいきったとしても、卒業まで給付が延長されるシステムがあるんです。
もし、いくらかでも貯金があって退職後もそれでしばらく食いつなげるのならば退職してもすぐに入校しないでとりあえず失業給付をもらってまじめに就職活動をやってみる。
それでもいい就職先がみつからない場合に受講するほうが出業給付がながくもらえるので賢い選択かもしれません。
最もお得なのは給付日数が90日の人がちょうど90日目になるように入校するケース。
たとえ最終日でも受給資格がきれていなければ、卒業までの給付が延長されて所定給付日数
プラス職業訓練コース履修期間分の基本手当がもらえます。
例えば東京都の場合であれば技術専門校は3か月または6か月のコースがほとんどですが、なかには1年コースや2年コースもあります。(ただし概ね30歳以下の若者向けであるが)
もしも2年コースには入れれば所定給付日数90日の人でも、なんと最高810日間前後も基本手当が支給されることになります。
技術専門校はもちろん授業料もただなので、その分も合わせれば下手をすると総額で500万円以上にもなる計算もできないこともありません。
さすがにこの技術専門校の2年コースはかなり狭き門なので入稿も難しいので、雇用保険が切れかかっている時には3か月から6か月のコースにでももしは入れればそれでもかなりお得なのは間違いありません。
転職活動がうまくいかず長期戦になりそうなら?
いや、今の時代ばおそらくかなり苦戦するのは間違いないので
転職活動と並行して都道府県が運営する技術専門校や雇用能力開発機構采井のポリテク子コースはあらかじめチェックしておくべきだと思います。
ロレックス ボロボロ 形見 修理